お知らせ

クンニの達人ひろゆきのクンニ日記が



こちらに引越しします。




http://blog.livedoor.jp/tatsuzinhiro/lite/



今後ともよろしくお願いします


09/18 22:47

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(3件)

現実化するクンニ


ブログを書き続けてて



よかったと思うのは




皆様からの激励のお言葉を頂戴できること。






「いつまでもクンニ頑張ってください」



「僕も達人さんみたいにクンニが上手くなりたいです」




「クンニで金メダル期待してます」



そんな皆様のありがたい言葉が




力になります。パワーになります。




最近は年齢のせいか



クンニした翌日は整骨院で頸椎をマッサージしてほぐしてもらってますが、



まだまだ、あと10年はいけると先生にも言われました。




頑張ります




もし挫折しそうになったときは




ドラッカーの本を何度も読んで



頑張ります。





理想の女性を四つん這いにさせ



足を開かせケツに顔埋めて何時間もクンニ



している自分を描きながら眠りにつくことも


欠かせません。




すると、不思議なことに



描いた女性から




「ぜひクンニお願いします。」



と現実にオファーが来たりします




そう




念ずれば願いは叶う





クンニは現実化します





素晴らしいな・・・





皆様も自分の夢は




あきらめないでください






PS.綾瀬はるか似の美人大学生をクンニした話は近日中に報告します


09/07 23:41

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(1件)

40歳バツ2、下着からクリをハミ出させ・・

シャワーから出てきた彼女は


用意していた黒のTバックにはきかえる。



彼女の希望どおり



パンティの上からたっぷり焦らして



舐めてやろう



ベッドに入り



キス




舌をねっとりからませ



濃厚なディープキスを楽しみながら



胸をゆっくりと揉み揉み



すでに乳首は硬くなっていて



指先で 軽くつまむと



声を漏らしながらなかなかの反応




乳首に舌をはわせ、吸い付くと



さらに身体をよじらせて感じ出す。



さすが、バツ2の熟女




そんなに感じたらこっちもスイッチはいっちゃうよ





いままで何人の男に乳首を舐められたんだろ?


何百通り、いや何万通りの舐められパターンがこの身体に刻まれている。

ふとそんな下世話なことが頭に浮かんでしまうのが


熟女の神秘



20歳くらいの若い娘とはまた違った意味で興奮できる。




そんなことを考えながら



気づけば



顔が彼女の下半身に埋まっていた。




ほんのりシトラスの香りがするパンティ



その上から、しゃぶりつく。




「あっ〜




彼女はびくんびくん反応する。



すでにパンティは



湿っていて



今にもすき間からお汁が垂れてきそうな



勢い。



軽くパンティをひっぱり



マンコを上下左右に摩擦しながら



舐め舐め。



みるみるすき間から



湧き水のようにお汁が溢れ出す





「そこ、もっと舐めて・・」



彼女は大興奮。




さらにパンティをぐいぐいひっぱりると



左右の花ビラがはみ出す。




その花ビラを丁寧に舐めてやると




「あっ、あっ、もう我慢できないよ・・





さらにパンティのすき間から指をヌルヌルになった穴に入れてGスポットを刺激。




「どうや?気持ちええか?ええのんか?」





「うん、気持ちいいよ





「ほんなら、もっと気持ちええとこペロペロしたるわ」





パンティを少しずらし



硬く勃起したクリちゃんだけをひっぱり出し




?ハミクリ?



状態にしてから




吸い付く。




クリの根元から先端まで




丁寧に舐めたり




舌で転がす。




強弱をつけたり



円を描くように





小さなクリを舌で舐め倒す






ちゅぱちゅぱ・・





れろれろ・・




「あっ、あっ、い、いっちゃうよ・・」




れろれろ




れろれろ ちゅぱれろれろ







「あー!いくー‼いっちゃうー‼」






若い娘をクンニするのも好きですが、熟女も、ええもんです。


ハマりそうです


熟女クンニDVDはAmazonで


09/03 00:01

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(0件)

40歳バツ2を下着の上からたっぷり焦らして・・

40歳の女性から




クンニ依頼のメールが来ました。




「ぜひ、お会いして一日中舐めていただきたいです」






バツ2で2人の子供さんを育てる



シングルマザー。





付き合ってる年下の彼氏のクンニじゃ



物足りないとのこと。





たまにはクンニだけを思う存分堪能してみたい強い思いから



ネットで偶然、私のことを知り



メールをくれたそうな。





後日、彼女(C子さん)と待ち合わせ。




小柄で童顔、年齢より全然若い感じで





タレントの堀ちえみっぽいかな。






いつものように




近くのラブホへ





部屋に入り




C子さんにどんなクンニをされてみたいのか



聞いてみると、





「焦らされながらクンニされたいです。



例えば、下着の上から時間をかけて舐められたり・・・」





「そうなんや。でも下着つけたまんま


舐めるとびしょ濡れになって


ノーパンで帰らなあかんよ」






「一応、替えの下着持ってきてます・・・」





あらまぁ用意がええやないの






「彼氏はクンニより入れたがるほうなので。

今日はクンニだけで気持ちよくなってみたいです・・」





「わかりました。かなりエロいクンニを


いっぱいしてあげるよ」






「はい」






「四つん這いにされたり、顔にまたがって

もらうけど平気?」





「たぶん・・大丈夫です」






「C子さんのオメ○に顔埋めて


隅々まで舐め倒すけどいい?」






「ちょっと恥ずかしいけど、お願いします・・」






「じゃシャワーどうぞ」






そう言うと、彼女はバスルームへ向った。






ようし、今日はたっぷり焦らしまくって



舐めまくってやるどー




エイエイ オーーー







続く

クンニDVDはAmazonで


08/22 00:23

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(2件)

たまにはクンニ以外の話

やっぱりたまには



クンニ以外のことも書いていかないと




年がら年中、クンニ クンニ




ばかりじゃ




ブログを見てくださる方から




「こいつの頭はクンニのことしか



考えられない構造になっているのか」



と思われるのもアレなんで・・・




今日は趣向を変えて



やはり、夏とゆうことで




幽霊とかお化けですね。




こう見えても結構好きなんですよ。




実際、私自身、霊感が強いみたいで



何度も見たことありますし



有名な心霊スポットにもよく行き、不思議な体験をしたものです。




つい最近も



携帯に保存した写真を何気なく見ていたらまったく、身に覚えのない写真があるのに気がつきました。



しかもその写真をよく見てみると、ハッキリとわかる霊らしきものが



写りこんでるではないですか



今日はその画像を皆さんに見てもらおうと


アップしてみました。
(お祓いはしておりませんので、閲覧は自己責任でお願いします)







怖がりの方や心臓が弱いかたは見ないほうがいいかも・・・






そんなわけで今日は一切クンニなしの内容


で申し訳ないですが。




ではご覧ください・・・

心霊写真はこちら


08/17 22:30

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(1件)

ニンクろれろれ

ある方からこんな質問をされた。






「どうして、ひろゆきさんはクンニが好きなんですか?」





今まで多くの方から何百回同じことを聞かれました。





私は決まってこう答える。






「宇宙にいけるからだよ」






もう一つ、よくされる質問。






「ひろゆきさんはクンニだけで満足するの?

挿入したくならないのですか?」






私は決まってこう答える。





「歴史を繰り返すのはゴメンだからね。歴史は繰り返すもんじゃない。変えるためにあるのさ」






またこんな質問も。






「もし、付き合えるとしたら、クンニを好きなだけさせてくれる

なでしこジャパンの沢ほまれと

挿入はさせてくれるが一切クンニさせてくれない

藤原紀香なら
どちらを選びますか?」





私は決まってこう答える。







「もちろん沢・・・じゃなくて紀香!紀香!藤原紀香‼」





まだまだ修行が足りないみたいです・・





Amazon売れ筋クンニDVD









08/15 00:43

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(0件)

クンニで猛暑を乗り切ろう

今年の夏も



恒例の常識はずれな



暑さが毎日続いておりますが



みなさんは



夏バテには注意してますでしょうか?



一般的に夏バテには


鰻や豚肉



そして、クンニが効果的だと言われてます。




女性の愛液にはビタミンB1が豊富に含まれていると


昔、知り合いの整体師のクニヤマさんから


教わって以来



私はいまだに夏バテ知らず。



ええ、一度もです。






エブリデイ・イズ・クンニのおかげでピンピンしております。




なんでも中国では昔から女性の愛液は






秘薬 万能薬




として重宝されてるそうで。





なるほど、大昔、秦の始皇帝がわずか一週間足らずで



万里の長城を完成させた逸話も納得ってわけだ!




今年もワンナイトサマークンニカーニバル



やりますよ!





暑さに負けてられっか〜




新ワザ焦らしクンニ飛び出すかも⁈





詳しくはこちらから


応募してね。(関西在住20才以上の健全な女子のみです)


08/09 23:04

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(1件)

21才に「こんないやらしいクンニされたの初めて」と言われました。


彼女を立たせたまんまで



アソコをたっぷりと弄び、




はいていたTバックを脱がせる。




やらしいオツユで溢れた



万戸が現れた。




花ビラを両手で開き顔を




近づけじっくり拝見。



花見の季節はとうに終わったけど、桜色の花が満開





「立ったまんま舐められたことある?」





「ないです・・あぁ・・」





彼女が答えるまでに



花ビラに吸い付く。






くちゅ・・くちゅ・




チュパ・・チュパ・・




花ビラ一枚一枚丁寧に




ネブリ回す。




葉っぱの裏も表も




舌で綺麗に舐め倒す。





オツユが たら〜ッと



流れだし糸引きまくり。





ほんま若いコはよう濡れるわ





立たせたまんま膣から裏スジまで



ねちっこく愛撫。




さらに





立ちバックで、彼女の張りの良いお尻に顔を



埋めながら



しばらくねちっこく舐め倒す。





じゅるっ




じゅるるっ・・






ぴちゃ・・ぴちゃ・





わざとやらしい音を聞かせる。





「あ・気持ちいい。ヘンになりそぉ・・」






身体をよじらせながら彼女は興奮





相手が喜んでくれると



こちらも気分が乗ってくる。




両手で尻をさらに広げ



尻の穴をレロレロしてやる。





「あっ!そんなとこまで・・。恥ずかしい・・。」





丁寧に蕾の隅々まで




舐めまくる。





舌を蕾にぬぷっとゆっくり挿入してやると






「あぁ!うんち出そうになるからやめて!お願い・・!」






「うんち出してもいいよ。」






「意地悪・・」






若い女が恥ずかしがる姿はオッサンにはたまらんわ。






アナル舐めを散々堪能しつくし




今度は顔面に跨がってもらい




クリちゃんにしゃぶりつく。





強く吸ったり



優しく円を描くように舐めたり





クリちゃんを上下左右から




舌で攻めまくる。







レロレロ




チュパチュパ






レロレロレロレロ・・







「あ!ダメ!・・イキそぉー‼」






「いっちゃえいっちゃえ‼」





舌に力を込め




渾身の高速クンニ。









「あぁぁ〜!イッちゃう〜‼」






彼女は絶叫。





気づいたら私も無意識に自分で自分の

モノをシゴいて発射してた





「こんなにいやらしいクンニされたの初めてです。」




「気持ちよかった?」





「はい。」







「じゃ、もう一回、舐め舐めしてあげるよ」






そう言って




再び彼女の股間に顔を埋めました






おすすめクンニDVDはこちら


07/21 00:22

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(0件)

ケツに顔を埋めてチューチューれろれろ

続き。



「今からクンニしてください」



21才の女の子から突然のクンニオファーをもらい


会うことになり




待ち合わせ、




ラブホへ。




連日の暑さでヘロヘロで脳ミソの機能が低下気味だが




クンニとなれば嫌でも活発になるってもんだ。




あれこれクンニのシュミレーション。




あーして、こーして、最後はアレで。




毎回、あれこれ考えてみるのだが



結局は、




たっぷり舐める。とゆう結論に落ち着くんやけど




「こうゆうの初めてなんで、かなり緊張しますね」



彼女が言う。




「みんなそやで。でもみんな、緊張や不安を
乗り越えて気持ちイイ快楽を体験できるんやで」




「そうなんですか・・」






「そやで。じゃシャワーしておいで」





「はい。」





10分後




シャワーから出てきた彼女が





「あの、下着は着けたほうがいいですか?」




「一応、替えの下着も持ってきたんですけど」




なかなか若いのに用意がええやんか





しかも黒と紫のTバック。




一気にやる気がみなぎるわ



彼女を下着姿のまんま



立たせ全身を舐め回すように








見ると




「そんなに見ないでください、恥ずかしい」




「なかなかセクシーやんか。」




そう言いながらさらに近づいて




胸 腹 そして




しゃがみこみながら下半身辺りをじっくり凝視。




「そんなに見られたら・・」





彼女は徐々にエロモードへ。





「ちゃんとヘアーの処理はしてる?」





そう言いつつ、Tバックのヒモに手をかけ




ゆっくりずらす。





彼女の綺麗に整えられたヘアーがあらわに。






そのヘアーをゆっくりまさぐる。



「さっきシャワーしてるとき剃ったの?」




立ったまんま彼女は目を閉じて頷く。





右手で
ヘアーを弄びながら



左手は後ろに回し



Tバックからはみだした尻を揉みしだき



ゆっくり割れ目に沿って



指をはわせると、すでにしっとり感が確認できる。




「まだクンニもしてないのに濡れてきてるよ」



「あ・・はい・・」





「舐めて欲しい?」






「・・はい。」






「立ったまんま舐めて欲しい?」







「・・早く・・」







彼女を立たせたまんま



前と後ろから



たっぷり指で愛撫していたので



ビショビショ。





「じゃ、このままで舐め回してやるよ」






そう言って彼女のTバックを全部ずらした。











続く


おすすめクンニDVDはこちら


07/14 00:36

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(0件)

クンニで猛暑を乗り切る方法

マニア必見!クンニDVD

最近


夏が来てもワクワクしない



ひろゆきです。



若いときは



早く夏が来ないかと楽しみだった。



新しい出会いがきっとある!





なんて勝手に妄想しながら



期待に胸をふくらませたもんです。




だいたい期待を裏切られ



疲れるだけで終わることが




多かったけど



どちらかと言えば夏より冬が好きです




なぜかというと



過去5年間、私にクンニの依頼が来た件数が



夏場の3倍に及ぶとゆう、うれしいデータがあるからです




女性は暑い夏よりもひと肌恋しくなる冬場に


クンニを求める傾向にあるのでしょうか



だから暑い夏場は



私の出番はあまりないので




今年の夏はのんびりと



涼しい北海道あたりに一人で旅行でも



行って現地の美味いお店を食べ歩きながら


ブログで紹介していこうかな?





「クンニの達人ひろゆきの函館オススメグルメはココだ」






お店からクレームきたら邪魔臭いので



やめときます




さて、過去のデータによれば



夏場にはあまりクンニ依頼が来ないと



書いたのですが



7月頭に2人の女性からクンニの依頼が


来ました。




そのうちの一人



21才の学生は




「達人さんのブログのファンです。読んでたらどうしてもクンニしてもらいたくなったので、今からお会いできませんか?」



とゆうなんとも



けしからんメールをいただきました。



21才ぴちぴちギャルから




今からクンニしてほしいと



言われて




「断わる‼」




と書いて返事できるほど




器の大きい男ではないので




その日に会う約束をしました




ちなみに今回のような



突発的なクンニ依頼は今までに



数えるくらいしかないけど




ブログ読んでて今すぐにクンニされたくなる



ってどうゆう状況なんかな




そんなにエロいこと書いてるつもりは


ないけど





その日待ち合わせたのは夜7時ごろ。




突発的だったので遅い時間になってしまった。




女の子を30分ほど待たせてしまい待ち合わせ場所に到着。



「今着いたよー。どこにいますか?」





「改札出て左のキオス◯の前です」





パッとキオス◯のほうを見ると




誰かを待ってる風の女性が3人いる。




うちの一人は




あきらかに35才は越えてそうな感じなので




残りの2人に絞られた。




ショートカットでベージュワンピースか




ロングで黒Tにジーンズか




わぁなんか出会い系で知りあって初めて会うみたいでドキドキするわ




もう一度メール。



このメールで今日クンニするコが



ハッキリ判明する。





運命の結果は・・・





携帯をバックから




取り出したのは



黒Tの女の子。





「どうも、ひろゆきです」





「あ、はい、はじめまして」





少し緊張気味。




なかなか




いい感じの女の子。





これから




このコを





いやらしい体位にしてたっぷりとあんなクンニや



こんなクンニすると思うと暑さもぶっ飛ぶと
ゆうものだ。



2人で近くのラブホ




へ向かった。











続く


07/10 22:15

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(142件)



Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

達人ひろゆき

Calendar

まえ  2017/9  つぎ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
-- -- -- -- -- 01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
-- -- -- -- -- -- --

Category

FriendsEntry

      more>>

NewComments

Search

rss
rss2

QRコード